古と今が交差する商店街、よいほモール

よいほモールには、歴史を匂わせる100年超えの老舗がたくさんあり、その一方で、今時のカフェや雑貨屋もあります。この、古と今が交差する、類い稀な商店街を、改めて散策してみませんか?それぞれの時代に、人々の暮らしに寄り添ってきた商店街の歴史を探訪することができるはずです。

伊勢街道の宿場街

三重県松阪市のよいほモールは、その昔伊勢街道の宿場として栄えた一角にあり、全盛期には伊勢神宮へ向かうおかげ参りの人々で、大いに賑わったそうです。

活気のある商店街

1965年(昭和40年代)は商店街に一番活気があった時代です。当時はブティックをはじめ、娯楽施設や日用品店などさまざまな店が建ち並び、商店街に来れば何でもそろうと言われていました。

よいほモール誕生

商都松阪にふさわしい魅力のある商店街づくりを目指して、1990年(平成2年)日野町・中町・本町の商店街近代化事業が完成し、「よいほモール」として新しく生まれ変わりました。

Instagram

Facebook